1985年9月22日、ニューヨークのプラザ・ホテルに先進5カ国の蔵相・中央銀行総裁が一堂に集い、米国ドル高の是正(特に対米貿易黒字が大きかった日本との関係から、ドル高・円安是正)を目的とした協調介入を合意し、発表した。後に「プラザ合意」と呼ばれることになる協調介入政策である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。