揺りかごから墓場まで面倒を見てくれる──。会社に忠誠さえ誓えば、「超安泰」が約束されてきた東京電力。それが、原子力発電所事故後に状況は一変し、将来を悲観した社員たちはわれ先にと転職活動に走った。2009年度に120人、10年度に134人だった退職者数は、11年度には465人、12年度には712人と約6倍に膨れ上がった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。