人の行動を支配する環境の中で一番ウエートを占める「部屋」。そこに流れ=人の動線をつくれば「部屋」そして「生活」も生きる。『部屋を活かせば人生が変わる』は家事の本なのですが、その基本思想は魅力的です。快適さが人の豊かさにつながる仕組みと思想の必要性を説きます。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。