「まだまだ親は元気だし、介護の心配はない」──。そう考える子は多いだろう。しかし、介護は突然やって来る。いざ介護が始まれば、「誰が面倒を見るのか」「費用は誰が負担するのか」「どこで介護をするのか」など、さまざまな問題で親族がもめるケースは多い。事前の準備や心構えができていれば、将来“その時”が来ても、「何をしたらいいのかわからない」という事態は避けられる。まずは、しっかり親を観察し、介護の話をするところから始めよう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。