いい仕事──とは何だろうか。料理人であれば、自分自身が最高だと思って出した料理に客も大満足すること。映画であれば、製作者が傑作だと自信を持って封切った作品が大ヒットすること。つまり、送る側と受ける側の双方が満足して初めて「いい仕事をした」ということになるのだろう。中日ドラゴンズで監督に就任することが決まったとき、私はプロ野球球団の監督にとって“いい仕事”とは何かを、あらためて考えた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。