今夏に経営破綻し、休刊した茨城県の地方紙・常陽新聞が、ベンチャーを育成する投資ファンドのユナイテッドベンチャーズ(東京・港区)によって買収され、来年2月にも復刊する。このファンドの代表取締役の楜澤(くるみざわ)悟氏が、常陽新聞の新社長に就任した。ソフトバンクグループの映像配信事業などにかかわった後、独立した楜澤氏は「地域情報を発信する新聞社の事業の将来性は十分にある」と語る。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。