ひっそりと自費出版した漫画が、長崎の老舗書店で2カ月にわたって売り上げ1位となり、2012年7月には『ペコロスの母に会いに行く』として西日本新聞社から刊行された。施設で暮らす認知症の母と織りなすほんわかとしたエピソードが、数多くの読者の共感を呼び、今や20万部を超えるベストセラーとなっている。そして、プロデューサーの目に留まったこの漫画は映画化され、11月16日に全国で公開された。原作者である岡野雄一氏に話を聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。