「ぬか漬け作ってくださーい」と職員が呼びかけると、小野ヤエさん(仮名)が台所にやって来た。キュウリを手に取ると、てきぱきと洗い、ぬか床に投入した。農家出身のヤエさんにとって、ぬか漬け作りは長年慣れ親しんだ日課だ。それは、認知症高齢者向けのグループホーム「ニチイケアセンター洋光台」で暮らし始めてからも変わらない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。