一人暮らしの高齢者が住む自宅の鍵を預かり、緊急時にその鍵を使って安否確認を行う──。今、大阪府寝屋川市の社会福祉協議会が手がける「鍵預かりモデル事業」が注目を集めている。自治体初となるこの事業が、増え続ける独居老人の孤独死への有効な対策として期待されているのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。