「納得がいかないことがあると灰皿が飛んできた」「会議で出した提案書がつまらないといって、紙飛行機にして飛ばされた」――。セゾングループの創業者である堤清二氏には、厳しい企業家「堤清二」と詩人・小説家「辻井喬」の二つの顔があった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。