私は19歳で東洋大学を中途退学した後、しばらく定職を持たない生活をしていた。だが、成人してもブラブラしているわけにはいかない。20歳を過ぎ、高校時代の恩師のつてで東京芝浦電気(現・東芝)へ入社させてもらい、府中工場に配属されて野球部に入った。当時、東芝府中の野球部は社会人野球の全国大会である都市対抗野球大会に出場したこともない弱小で、プロ球団からドラフト指名されるような選手もいなかった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。