再生可能エネルギーの分野において、東芝の事業参入が相次いでいる。それも発電機器メーカーとしてではなく、自ら発電事業に乗り出してきているのだ。11月19日、東芝はオリックスとの新会社設立を発表。発電機器メーカーとして、世界トップシェア(設備容量ベース)の納入実績を誇っていた地熱発電分野において、発電事業への参入を表明した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。