1972年、田中角栄が「日本列島改造論」を発表し、佐藤栄作が支持した福田赳夫を破って、首相の座に就くと、“列島改造ブーム”に便乗した土地投機が発生し、一般物価もそれと連動しながら上昇した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。