サラリーマンの知人から「会社を辞めようと思います」という連絡をしばしばもらう。定年退職を2~3年後に控え、一足早く自由になって奥さん孝行をしようとか、再出発の準備をするというのなら、ねぎらいの言葉をかければいい。ただ、働き盛りである40代から50代前半で、しかも「今後のことは辞めてから考える」などと言われると、私が返す言葉は一つしかない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。