技術や商品をめぐって、グローバルな提携が活発化している。国内でも、自前成長が難しい下位メーカーから順に提携先を模索することになる。トヨタは常に提携先候補となり得る存在だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。