年末も近づき、お疲れ気味の方も多いはず。そんなときは桜肉(馬肉)の鍋で精をつけてはいかがか。「馬力をつける」という慣用句の由来は、吉原で「桜鍋」を食べることだという。江戸時代、吉原遊郭の客が、行きに帰りにと食べていた。当時、吉原には桜鍋を扱う店が数十軒あったが、今も残るのは「桜なべ 中江」だけとなった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。