強いトヨタが戻ってきた。6期ぶりの過去最高益が現実味を帯び、貢献しているのは年間3000億円にも及ぶ原価低減だ。その実現の裏には従来とは異なるサプライヤー戦略がある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。