14年ぶりの大政奉還として登板した豊田章男社長。創業家出身の独裁者か、前例を否定する改革者か──経営者としての彼の評価は分かれている。就任以降、リーマンショック、大規模リコール問題、数々の試練を経て、豊田社長は何を思うのか。本人を直撃した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。