進化論を提唱したチャールズ・R・ダーウィンは、若き日に英国海軍の測量船で、5年間の旅をしている。南半球各地の地質や動植物を調べる旅だった。航海終盤の1835年9月にガラパゴス諸島に到着、そこではゾウガメや海陸のイグアナ、陸鳥のフィンチなどとの出合いが待っていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。