さかのぼること約20年、韓国ヒュンダイ自動車の管理職たちは慣れない手つきで便器を磨いていた。何かの罰を受けていたわけではない。ヒュンダイは自社のはるか前を走るトヨタの文化を取り込もうと、トヨタに倣う「カイゼン」活動を推進するチームを立ち上げた。便所掃除をしていたのは、そのチームメンバーたち。後述するが、この掃除には重要な意味があった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。