いじめ問題については、迅速な対応が必要だが、浮田美穂ほか著『ママ弁護士の 子どもを守る相談室』を読むと、早めに弁護士に相談するのも効果的だとわかる。弁護士に相手方への警告書を出してもらうだけでかなりの効果があり、いじめが解決した事例も多い。また、加害者や学校に対するさまざまな交渉もしてもらえる。有力な選択肢として頭に入れておくといい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。