このような批評家が再び現れることはないのではないか。天野祐吉さんが亡くなりました。明治学院大学での授業を再録した『広告論講義』は、氏の批評精神と語りの素晴らしさを伝える代表作として書店の棚から消えることはないでしょう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。