「アイアンは得意だけどドライバーが駄目」「フェアウェイウッドだけがうまく打てない」など、人それぞれ“苦手クラブ”があると思います。なぜ、いつまでたっても苦手クラブを克服できないのか。それは苦手意識があるクラブを持つと、つい「手」を使って当てようとしてしまい、体が動かなくなるからです。その結果、普段通りに振っているつもりでも、スウィングのバランスや軌道が乱れて、当たらなくなってしまうのです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。