原油価格は2011年以後、1バレル=100ドルを挟んだ高値水準での動きが続いている。一方、非OPEC諸国を中心に増産が進む傍ら、シェールガス革命により米国の輸入需要が低下していることや、景気減速により新興国の需要が鈍化していることから、需給関係だけで見れば、価格はもっと低くてもおかしくない。それでは、この実力以上の相場展開はどういうことなのだろうか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。