10月3日から開催された釜山国際映画祭で、韓国内や海外メディアの話題となった、サムスン白血病被害者と家族の実話を描いた映画「Another Family(もう1つの家族)」に注目。監督のキム・テユン氏、被害者の黄柳美さん役を演じた主演女優のパク·ヒジョン氏、遺族の黄相起さん、そして被害者の会(パンオルリム)代表のイ・ジョンナン氏が本誌単独インタビューに応じた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。