ドミノ倒しのように、次から次へと…。高級ホテルや大手百貨店のメニュー偽装である。「誤表示」、「不適切表示」と言い訳は様々だが、意図的かどうかはともかく、消費者が騙されていた事実に変わりない。「お・も・て・な・し」で五輪開催を勝ち取った国は、プレゼンテーションからわずか2ヵ月で馬脚を現した。プロ意識のかけらもない一部の悪行により、世界に冠たる食文化は「ろ・く・で・な・し」に堕落してしまうのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。