経済協力開発機構(OECD)は加盟36カ国の解雇規制の厳しさを数値化している。解雇手続きを始める前の通知期間の長さ、解雇の際に支払われる必要のある解雇手当の金額の大きさや解雇予告期間の長さ、解雇の困難さなどをそれぞれ数値化し、それらを加重平均したものが最終的な数値となる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。