毎日、多くのお客さまと接するB2Cビジネスには、B2Bとは違う緊張感があります。一瞬一瞬が、お客さまからの審判であり、業績が下がれば、マスコミからの批判も厳しい。それでも前向きにお客さまと向き合う姿勢を失ってはならない。日本マクドナルドホールディングスCEOの原田泳幸さんの著作は、骨太なメッセージが魅力です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。