2008年秋のリーマン・ショック以降、欧米を中心に各国の財政状況が悪化し国民に対する税負担を強める中で、グローバル企業が違法にならないスレスレの税制の抜け穴を探り国外への租税回避スキームを活用するといったBEPS(税源侵食と利益移転)の問題が表面化してきた。OECDは13年7月にBEPS行動計画をまとめ、9月のG20でも首脳宣言の中で、多国籍企業の節税スキームに対処する旨の合意がなされた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。