創業家の娘婿として入社し、会社を継いだ中外製薬の永山治会長。同社の海外展開を切り開く一方で、新たな展開を模索して、ロシュ(スイス)との提携を実現した。娘婿として入社した経緯から、ロシュとの提携の舞台裏、製薬会社とオーナー経営について聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。