中国の最も政治的な場所、天安門広場に一〇月二八日、車が突っ込み毛沢東の巨大な肖像画近くで炎上、車中の三人が死亡した。翌日、中国当局は共犯者としてウイグル人五人を逮捕し、北京のウイグル人約三〇〇〇人の監視のために「ローラー作戦」を開始した。中国政府のウイグル族弾圧がさらに苛烈さを極めていくのは明らかで、事態はおぞましい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。