格安航空会社(LCC)としては珍しい中長距離路線を運航するスクート(シンガポール航空の100%子会社)が、中型機のボーイング787型機(320~360席)を導入して路線を拡大する。これまでは、親会社のシンガポール航空で使わなくなった大型機のボーイング777型機(402席)を使っており、日本には、シンガポール~台北~成田便を1日1便乗り入れている。燃費効率に優れる中型機の787を来年11月から20機導入することで就航可能な都市が増えるのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。