最大61万2000円という数字を見て、同じ世帯年収であれば片働き世帯(専業主婦世帯)がそれだけ可処分所得が多いと思った方もいるかもしれない。しかし、実態は逆。共働き世帯のほうが可処分所得が多い(税負担が少ない)のだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。