みずほ銀行の暴力団融資問題は、金融庁による業務改善命令後、警視庁が詐欺罪の立件を視野に入れた捜査に着手したほか、持ち株会社みずほフィナンシャルグループの個人株主が株主代表訴訟の動きを見せるなど、混迷の一途をたどっている。しかし、いまだにみずほ銀行に対する同情的な声も一部で耳にする。そこで今回は、改めて暴力団融資問題の本質を振り返り、捜査当局の関心事などを示したい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。