案の定というべきか。大正製薬と日水製薬が今年4月から発売した中性脂肪異常改善薬「エパデールT」がまったく売れていない。詳しくは後述するが、このエパデールTは、当初は「適正使用調査」という名目で薬剤師の問診や症例報告などを義務づけて発売されたもの。9月までに大正製薬と日水製薬合わせて、300例を厚生労働省に報告した後、全国いっせい発売というスケジュールだった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。