二〇〇二年の統合時に発生したシステム障害から三年。国内最大規模の顧客基盤を抱える“巨人”みずほは、不良債権問題にいち早くケリをつけ、今春から攻めの経営に舵を大きく切り始めた。三年の遅れをどう取り戻し、巻き返しを図るのか。みずほの戦略を追った。(2005年8月13日号特集「みずほ復活は本物か?」)

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。