史上最悪のシステム障害である。世界最大の銀行グループ、みずほフィナンシャルグループが、3行分割合併の滑り出しでつまずいた。システムトラブルの元凶はどこにあったのか。みずほ問題を通じて露呈したメガバンクのガバナンス不在、巨大銀行の登場でひそかに深刻化する決済リスクの恐怖に迫った。(2002年5月25日号特集「みずほ漂流銀行」)

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。