「公的資金注入で銀行経営者を根こそぎ変えるべきだ」。竹中平蔵金融相の台詞ではない。当事者である銀行員の心の叫びであり、利用者の怒りの声でもある。銀行はなぜ同じ過ちを犯すのか。なぜ自己変革できないのか。「変われない銀行」の現実を多角的な視点から浮き彫りにし、行員や顧客からも指弾されている大銀行トップの思いに迫った。(2002年10月26日号特集「銀行の沈鬱:PART2」)

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。