興銀、一勧、富士が解体され、二つの銀行に再編されることで、人事・賃金体系も一新される。新たな制度に対して、三行で働く銀行マンはどう感じているのか。みずほグループにおける出向・リストラ、ポスト競争の厳しさを通じて、日本のサラリーマンが等しく受け止めている痛みに迫った。(2001年9月1日号特集「興銀 一勧 富士 取引先100万社を巻き込む! 『みずほ』統合の暴風:PART3」)

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。