日本興業銀行、第一勧業銀行、富士銀行。来年4月、長い歴史を持つ3つの大手銀行は、2つの新銀行に生まれ変わる。世界初の試みである「分割合併」によって、彼らは何を狙っているのか。顧客にとって、どんなメリット・デメリットがあるのか。取引先100万社、個人預金者3000万を巻き込むみずほ大統合の知られざる内幕を追った。(2001年9月1日号特集「興銀 一勧 富士 取引先100万社を巻き込む! 『みずほ』統合の暴風」)

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。