「想定される他の金融機関のいかなる再編成にも対応可能」(西村・興銀頭取)である規模と事業の広がりを 持った3行の統合―その圧倒的プレゼンスは、だれもが認めざるをえない。では、この巨大連合をうまくハンドリングできるのか。合併行の悲惨を繰り返さずに すむのか。巨大プロジェクトの勝算と不安を追った。(1999年9月4日号特集「検証!興銀・一勧・富士 3行大統合の『勝算と不安』」)

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。