「俺が何でこんなポストに就いたのかなあ」。15日に召集された臨時国会で、衆院予算委員長に就任した自民党の二階俊博(74)はこう漏らした。本人ですら想定外の人事は自民党内でもさまざまな憶測が乱れ飛ぶ。二階は二階派(志帥会)を束ねる派閥会長だ。派閥会長の中でも「脱派閥政治」を掲げる首相の安倍晋三に対し、苦言を呈する数少ない実力者の1人だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。