425ページの大著ながら、一気に読み込める迫力と面白さ。今月の最初のお薦めが『戦略参謀』。大手紳士服チェーンを舞台に、コンサルタントの力を借りながらも、改革を推進する経営企画室メンバー。経営企画の仕事と企業改革のあり方が小説仕立てでリアルに描かれています。経費削減、人事制度、起死回生の販売促進プラン作り等々テーマも多彩で、各章には、コンサルタントである著者の解説もつけられています。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。