米国に住んでいると寄付(donation)文化を目の当たりにする。 例えば地元小学校では募金(fund raising)活動が頻繁に行われ、そこでは保護者や子どもが作ったクッキーなどが売られる。収入は小学校への寄付へ回る。中学校ではクラブ活動の遠征費やユニフォーム代を得るために、生徒が洗車サービスに精を出している。洗車サービスを受けた人は生徒にとってはdonor(ドナー=寄付する人)だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。