企業年金の運用では、オルタナティブ(代替)投資への配分が一般的になっているが、その比率(不動産は含まず)は国によって異なる。また、資産規模が大きな企業年金ほどオルタナティブ投資への配分が大きい傾向がある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。