北海道2位の旭川医科大学病院にとって、最大の強みは専門医数が多いこと。15診療科で専門外来を開設している。特に、眼科、整形外科は、道内全域から患者が来院する。専門医が充実しているため、手術数も増加傾向にある。松野丈夫病院長は、「特定機能病院(高機能病院)の使命は手術をすること」として医師から医療機器の設備投資の要望があれば、よほどの問題がない限り購入してきた。手術室は看護師数も多い。円滑に事が運び、医師も手術しやすいからだ。手術数の増加は経営収入を安定させるプラスの要因になるだけに、人員配置に工夫する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。