広島県で1位となった広島大学病院は、医学、歯学、薬学、保健学のすべてがそろう大学病院。「診療、研究、教育が3本柱」(茶山一彰病院長)ではあるが、患者が注目するのは高度な医療体制だ。8月に小児がん拠点病院になるなど、地域における高度医療を牽引する役目を持ち、“名医”“名研究医”を多数抱えていることでも有名だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。