「結局、銀行の筋書き通り。カネの話ばかりで、エネルギー政策も何もあったものじゃないですよね」東京電力の若手社員はためいき混じりに話した。汚染水漏えい、作業員の被ばく、港湾内のセシウム濃度上昇など、福島第1原子力発電所の問題が絶え間なく噴出している東京電力。だが、汚染水問題の抜本解決は見えぬままに、東電の経営問題はカネの論理ばかりが際立つようになっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。