異次元金融緩和は確かに景況感、マインドを大きく好転させました。しかし、経済が成長軌道に乗るには、企業や消費者がもっとお金を使わないといけません。企業が新分野に積極的に打って出る、社員の給料を上げる、社員が新たな働きがいを求めて転職するといったように、経済的資源が成長分野に振り向けられるようにならなければ、長続きしません。それには経済にとどまらず、社会、政治、価値観などの点検・見直しも必要となります。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。