一〇月九日の「産経新聞」一面を見て、心底うれしく思った人は少なくないはずだ。そこには「日本『成人力』世界で突出」という見出しが躍っていた。これは経済協力開発機構(OECD)が行った初の成人の能力を測定する調査結果である。対象国・地域は世界二四に上り、一六~六五歳の成人約一五万七〇〇〇人が対象となった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。